医療法人 仙台・中耳サージセンター 将監耳鼻咽喉科

Better Hearing より良い聴力を

TOP > 学術的活動 > AAO-HNSF 2007

AAO-HNSF 2007

AAO-HNSF (American Academy of Otolaryngology and Head and Neck Surgery Foundation、アメリカ耳鼻咽喉科学会)はアメリカの耳鼻咽喉科における最大の学会です。その中に教育講演というカテゴリーがあり、各専門領域のエキスパートが講師を務め約1時間の講演を行います。兵庫医科大学の阪上雅史教授は、当院院長が発表し日本国内では一般的になりつつある鼓膜形成術接着法を、アメリカでも普及させようとご尽力されており、その一環として今回の演題を応募し、受諾されました。この教育講演の演題採択にあたっては、もちろん内容も厳しく吟味されますが、ある程度の講師のステイタスが必要とされるようです。阪上先生の大学教授という地位のみならず、彼の耳科学の英語論文が多数国際誌に掲載され、国際学会でも積極的に発表されている、そういった実績も考慮されたのでしょう。

阪上先生は今回の発表に際し、当院院長に敬意を表していただき二人での発表を企画されました。講演のタイトルは「Technique to simplify myringoplasty(鼓膜形成術を簡素化する手法)」です。接着法は従来法の鼓膜形成術に比べ侵襲の程度の低く時間もかかりません。ただ、この接着法の論文を国際専門誌へ投稿していなかったため、世界的な認知度が低かったことは事実です。つい先日、9月19日に無事発表を終え多数の質問があり、アメリカの耳鼻咽喉科医の高い関心を得たようです。

左が阪上雅史教授、右が当院院長。
講演終了直後。左が阪上雅史教授、右が当院院長。
(平成19年9月19日14:30~15:30(現地時間)、ワシントンDCにて)
一覧へ戻る
  • 手術実績
  • 医師紹介
  • 施設のご案内

診療カレンダー

Map

〒981-3132
宮城県仙台市泉区将監10丁目12番1-2号

ご予約・お問い合わせは022-374-1551 受付時間:9:00~18:00(日・祝祭日を除く)
アクセスはこちら
破れ鼓膜よ、さようなら
ページの上部へ戻る