医療法人 仙台・中耳サージセンター 将監耳鼻咽喉科

Better Hearing より良い聴力を

TOP > 耳の病気 > 慢性中耳炎

慢性中耳炎

慢性中耳炎とは、急性中耳炎の遷延や外傷等によって生じた鼓膜の穿孔が、閉鎖せず残存したためにおこる中耳炎です。元来鼓膜は、再生能力の強い器官であり、生じた穿孔はたいてい自然に閉鎖しますが、炎症等の原因で自然閉鎖できない場合があります。すると、鼓膜の裏側(中耳腔)は、外気にさらされることになり、慢性の炎症が持続することになります。

症状

鼓膜の穿孔による難聴(伝音難聴)、炎症による耳だれが主な症状です。
炎症が長期化すると、粘膜の肥厚や石灰化によって耳小骨(音を伝える小さな骨)の可動性が低下することにより、難聴が進行します(伝音難聴)。
また、蝸牛(振動を電気信号に変換する器官)の機能も、炎症により徐々に低下する場合があります(感音難聴)。伝音難聴と感音難聴が重なった混合難聴も、慢性中耳炎にはよく見られます。 耳だれは、多くの場合、風邪をひいたり体調が悪いときに出てきます。

治療

病変が鼓膜に限局している場合、手術による鼓膜の閉鎖(鼓膜形成術、接着法)を行います。
耳小骨に障害がある場合には、鼓膜から蝸牛への音の伝わり方を変える手術を行います(鼓室形成術)。
耳だれが継続して起きている場合には、まず内服薬や点滴で耳だれを止めてから手術をすることもあります。 手術時間は、鼓膜形成術(接着法)の場合30分程度で終わります(入院期間は1~2泊程度)。
鼓室形成術の場合は、状態にもよりますが1時間半から2時間程度です(入院期間は3~5泊程度)。
いずれの手術も、ほとんどの場合、局所麻酔で行います。

  • 正常の鼓膜
    正常の鼓膜
  • 慢性中耳炎
    慢性中耳炎
一覧へ戻る
  • 手術実績
  • 医師紹介
  • 施設のご案内
ページの上部へ戻る