医療法人 仙台・中耳サージセンター 将監耳鼻咽喉科

Better Hearing より良い聴力を

TOP > 耳の病気 > 外耳道炎・外耳道湿疹・外耳道真菌症

外耳道炎・外耳道湿疹・外耳道真菌症

外耳は、耳介と外耳道からなります(耳の構造参照)。
外耳道は外側半分の軟骨部、内側半分の骨部に分かれます。外耳道には定在菌と呼ばれる細菌や真菌(カビ)が常に存在し、その数のバランスが保たれているために炎症は起こらないのですが、何らかの理由でそのバランスが崩れると、ある菌だけが増殖していまい、感染を起こしてしまいます。
軟骨部の皮膚には、皮脂腺や毛嚢があり細菌感染が起きやすい場所です。また真菌は骨部外耳道に生じることが多いとされています。
外耳道炎、外耳道湿疹の原因としては、耳そうじなどによる皮膚の損傷、中耳炎からの耳漏刺激、点耳薬などの薬物刺激、アレルギーなどが挙げられます。

症状

疼痛、かゆみ、耳だれなどです。炎症による角化物(耳垢)が堆積したり、耳だれが溜まったりすると、難聴や耳閉感を伴う場合もあります。

治療

基本的に局所の清掃、消毒です。感染が疑われる場合には抗生剤の点耳薬が処方される場合があります。
真菌がみとめらる場合には抗真菌剤を使用します。炎症の程度が強いときには、ステロイドの局所使用が有効な場合がありますが、副作用の点から短期間に限られます。
かゆみが強い場合には、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤、抗不安剤などの内服薬が処方されるときもあります。
外耳道炎はときに難治性で、治癒までに時間がかかり、頻回の通院による局所処置が必要となる場合もあります。

耳そうじについて

外耳道炎の原因の一つに耳そうじのやり過ぎがあります。特に竹製などの耳かきで何回も皮膚をこすると、皮膚の表面がけずれて滲出液が生じ細菌が増殖しやすくなってしまいます。
このような状態になると、耳のかゆみが生じますます耳をこするという悪循環になってしまいます。
ごくまれですが、頻回の耳そうじによる慢性刺激が原因と考えられる外耳の癌の報告もありますので、耳そうじはあまり固執せず、入浴後綿棒で耳の穴の入り口付近をぬぐう程度にしたほうが良いと思われます。

一覧へ戻る
  • 手術実績
  • 医師紹介
  • 施設のご案内
ページの上部へ戻る