医療法人 仙台・中耳サージセンター 将監耳鼻咽喉科

Better Hearing より良い聴力を

TOP > 耳の病気 > 滲出性中耳炎

滲出性中耳炎

滲出性中耳炎とは、耳管(耳と鼻の奥をつないでいる管)の機能不全や副鼻腔炎(蓄膿症)、アデノイド増殖症といった鼻の病気が原因で、鼓室(鼓膜の奥の空間)に滲出液が持続的にたまる病気です。

症状

急性中耳炎と異なり痛みはほとんどなく、多くは軽度の難聴や違和感、耳閉感をともないます(無症状の場合もあります)。
幼児期、学童期前半までの子供に多く、10歳を過ぎるとたいてい自然に軽快しますが、放置しておくと鼓膜が薄くなり、鼓室の壁と癒着してしまう癒着性中耳炎や、鼓膜が鼓室の奥に陥凹してできる真珠腫性中耳炎になる危険があります。

治療

内服薬では抗生剤(マクロライド系が多い)や粘液調整剤の投与が一般的です。
また、耳管から鼓室に空気を送る通気療法もよく行われます。保存的な治療でよくならない場合には、鼓膜を切開し貯留液を吸引除去する方法も取られます。
何度切開しても貯留液がたまる場合には、鼓膜に換気用のチューブを留置する場合もあります(下図)。副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎、アデノイド増殖症が原因と考えられる場合には、それらの治療も並行して行います。

  • 滲出性中耳炎
    滲出性中耳炎
  • 換気チューブ留置後
    換気チューブ留置後

3歳児健診について

仙台市では難聴のスクリーニングのために3歳児健診を実施しています。
難聴を疑わせる症状の有無を質問票で確認し、鼓膜の動きの検査(ティンパノグラム)を施行します。
その結果を耳鼻咽喉科医がみて、精査の要否を判定します。

一覧へ戻る
  • 手術実績
  • 医師紹介
  • 施設のご案内
ページの上部へ戻る