医療法人 仙台・中耳サージセンター 将監耳鼻咽喉科

Better Hearing より良い聴力を

TOP > 耳の病気 > 外傷性鼓膜裂傷

外傷性鼓膜裂傷

外傷性鼓膜裂傷は、直接的または間接的な外力が鼓膜に加わることによって生じる損傷です。
直接的な外力としては耳かき・綿棒が多く、間接的な外力としては平手打ちや爆発等があります。

症状

受傷後におこる疼痛、出血、難聴、耳閉感、耳なり、めまい等です。

治療

損傷が鼓膜に限局している場合は、経過観察のみで自然に治癒することがほとんどです。
自然に穿孔が閉鎖しない場合、特殊な膜をはったり穿孔辺縁に薬を塗ったりして、閉鎖を促します。
それでも閉鎖しない場合は鼓膜形成術(接着法)の適応となります。
また、損傷が耳小骨や内耳に及ぶ場合、早急に治療を開始する必要があります(特に内耳に及ぶ場合)。
受傷後に上記の症状が出た場合は、直ちに耳鼻咽喉科を受診してください。

  • 受傷直後の鼓膜
    受傷直後の鼓膜
  • 受傷後6週目
    受傷後6週目
一覧へ戻る
  • 手術実績
  • 医師紹介
  • 施設のご案内
ページの上部へ戻る